突発性難聴で耳がピンチ【耳の健康ドクターに相談しよう】

先生

記事リスト

聞こえに不安ありますか

高齢のために耳はだんだん聞こえにくくなります。耳鼻科では病気や聞こえの程度は調べてくれますが、より生活環境に基づいた聞こえをサポートするために補聴器販売店に相談してみましょう。その人に合う形状や聞こえ方を提案してくれます。

» 読んでみよう

早期の治療が大切です

周りの音が聴こえにくくなる、突発性難聴の治療をするなら、有効的な漢方商品選びへどうぞ。高い改善効果が人気の秘密です。

さまざまな原因があります

突然片耳に塞がったような閉塞感があったり、耳鳴りや状況によっては全く聞こえない症状が起きる事があります。この症状は突発性難聴で、早期の治療がとても大切になります。まだ病状の全貌が解明できていない突発性難聴は、偏った食事や継続的な睡眠不足などの生活習慣の乱れや、内耳のウィルス感染により生じる事があります。また、内耳では血液の流れが悪くなったり、内耳窓破裂など、リンパが内耳からあふれ出して量が変化することも原因の一つといわれています。コンサートやパチンコ店など大きな音響の施設に長時間いる事で起こる音響外傷性難聴もあり、安静にすることで回復することもありますが、原因が確定することができなければ早期にさまざまな治療を行うことが必要です。

薬物療法を行ないます

突発性難聴になると早期に治療を開始しますが、まずは安静が必要になります。日頃から感じているストレスを減らす環境を作り出し、治療に専念しましょう。治療は主に薬物治療を行います。副腎皮質ホルモンや血液の流れを改善させる血管拡張剤、内耳循環改善薬を使用します。内耳がウィルス感染している場合には抗ウィルス薬が効果的です。程度が軽ければ軽いほど回復する可能性が高まりますが、全ての症状が治るとは限りません。気が付いた時には早期に耳鼻咽喉科を受診しましょう。突発性難聴が起きるもう一つの原因に腫瘍による周辺器官への圧迫があります。聴神経腫瘍はできる場所や大きさにより摘出が必要だったり、周辺器官と複雑に絡み合ってしまうと摘出ではなく放射線治療を行うこともあります。画像検査で詳細を調べてもらいましょう。

専門家に相談する

春頃にあらわれる辛い症状の一つに花粉症が挙げられますが、耳鼻科を訪ねることでその解決法がみつかります。花粉症を我慢していますと長引く場合が多く、日常生活にも支障をきたすとして早目の受診が必要とされます。

» 読んでみよう

医者選びをしっかりと

耳鼻科選びは、あまりに評判が良く、よって待ち時間が長く、待合室で病気を移されるよりは、悪い評判を特に聞くことわなくある程度空いていて、すぐに診てもらえる耳鼻科の方が結局は良いです。また、できたら順番が来たら連絡してくれたり手に負えないとなったら他を紹介してくれる柔軟性のある病院がベストです。

» 読んでみよう