突発性難聴で耳がピンチ【耳の健康ドクターに相談しよう】

先生

聞こえに不安ありますか

補聴器には種類があります

先天性のものもありますが、高齢に伴い耳の聞こえはだんだん衰えていきます。人により聞こえにくさはさまざまで、片耳か両耳か、高音か低音か、耳鼻科や補聴器販売店にて聞こえのレベルを調べることができます。耳鼻科では聞こえにくさを分析してくれますが、加齢によるものなので、薬物療法などで聞こえを取り戻すことはできないと診断されます。販売店では、日頃の生活環境によっては補聴器を通じて少しでも聞こえにくさを補助する器具を紹介してくれます。補聴器は感音性難聴の場合と伝音性難聴の場合で、効果の出方が違います。デジタル補聴器など、感音性難聴の人に向いているものもあれば、骨導式の補聴器でないと対応できない場合もあります。

聞こえの幅を広げましょう

補聴器販売店では、耳の聞こえを検査した後オージオグラムを作成します。左右の聞こえ方を高音から低音まで分析した表で、これに基づき補聴器を選定します。程度は軽度から中等度、高度、重度と分かれており、程度によって形状を選定していきます。操作方法が簡単なポケット型や目立ちにくい耳穴型、汗をかきやすい人には耳掛け型が相性の良いものといえます。重度の場合、耳穴型ではより出力の強い音が出せるよう形状が大きくなったり、耳掛け型でないと作れない場合もあります。販売店とよく相談をして、生活環境に合った補聴器を選定しましょう。音の聞こえをより立体的に、自然に聞こえるようになるためには両耳装用が良いといわれています。それぞれの耳が相互に助け合いながら聞こえの効果が向上します。